jb_menu   geppei

jiro bando      
175X8bando5x5

バンドウ ジロウ

タイポグラフィ作家/グラフィックデザイナー/音楽家
北海道出まれ。多摩美術大学・彫刻学科卒

<略歴>
1984〜1990年 カーネーションにギタリストとして在籍。
脱退後は、様々なレコーディングやライブで演奏する一方、グラフィックデザイナーとしても活動。
2000年〜2005年 THE BOOMのサポートメンバー(ギター&三線担当)
2003年 ソロライブ開始。
2005年 「引き出物と余興」(経堂appel) w.斎藤ちさと
     ソロCD「sculpture」制作
2006年 ソロCD「monochrome」制作
     「夏のトライアングル」(ギャラリー由芽) w. エサシトモコ、田鶴浜洋一郎
2006〜2008年 インストルメンタル・ユニット「pitbit」として活動(バンドウ+鶴来正基+伊藤直樹)
2007年 岡田裕子Presents<レディオ栄町2057> 楽曲提供で参加
2009年からタイポグラフィ作品「ことば」シリーズを発表
2010年 「エントロピーへの反逆」(See More Glass) w.マツヤマ・アキオ
     「仏像展U」(マキイマサルファインアーツ)
     「音粒子 vol.3」(松戸アートラインプロジェクト2010) w.斎藤ちさと
2011年 「比類なきこのマントラ」(ソーンツリーギャラリー)※個展
     タイポグラフィ作品集「古今東西の聖者・賢者のことば」制作
2012年 「龍2012」(マキイマサルファインアーツ)
     「echo°2nd」(成田山圓能寺)
     「ありてあるところのことば」(横浜ベイクォーター)※個展
     アートブック「クリシュナのことば」制作
2015年 公開制作64「タイポグラフィの実験室」(府中市美術館)
     「バンドウジロウ展」(マキイマサルファインアーツ)
     「アートフェア札幌 2016」マキイマサルファインアーツから出展
2016年 「松戸の作家の個展」
(松戸市文化会館/森のホール21)

<タイポグラフィ作品集>
古今東西の聖者・賢者のことば|2009-2011 jiro bando typography works

<ソロ音楽作品>
sculpture(2005年)
monochrome (2006年)

<自身の音楽ユニット>
◎Tablet(1993年〜1995年) バンドウジロウ(G)、覚和歌子(Vo)、加藤雄紀(B)
◎Working Holiday(2001年〜2002年) バンドウジロウ(G)、西村哲也(G)
◎pit bit(2006年〜2008年) バンドウジロウ(G)、伊藤直樹(Dr)、鶴来正基(key)

<タイポグラフィ/ディスコグラフィ / スタジオワーク /活動アーカイブ>
http://geppei.com/05_bando/jb_works/jb_typo.html

<その他>
運天敏彦氏(琉球民謡協会東京支部)に琉球民謡を師事。(2002年〜2005年)

 
   

copyright jiro bando 2008 all right reserved.